2006年08月28日

しーくゎーさー

しーくゎーさー.jpgそう言えば合宿に行く前に 「なにか風変わりな酒でも買って行こうかな」 なんて酒屋さんに寄ってみたわけですよ。買ったのはこれ
ところが現地に到着して楽器を運んでるうちに買ったことすら忘れてました。家に帰ってから車の座席で発見。あ・・・ ( ̄∇ ̄;)

で、せっかく買ったのにもったいないから今夜飲みました。
はちみつと沖縄シークヮーサーのお酒 とやら。

おいらが飲むには甘すぎるけど果汁の酸味が爽やかでいい感じです 晴れ
これが沖縄テイストってやつかい?
でもこれアルコール14%もあったんだね ( ̄□ ̄;)
ロックで普通にガンガン飲んでたもんだから・・・けっこう酔ったぞ(笑)

それはそうと、シークヮーサーのの字は小さいなんだ?小さいなんて小娘のメールでしか使わない文字だと思ってたけど、シークーサーのために存在する文字だったんだな・・・。
「こんばん!モンコだ☆」 ・・・ってが ( ̄− ̄)
posted by モンコ at 23:48| Comment(11) | TrackBack(0) | 食 : いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

強化合宿終了

山1.jpg山2.jpg山3.jpg

この土日は予告通り泊まりで外出してました。目的は毎年恒例 バンドの強化合宿!
場所はおいらの家から車でほんの20分ぐらいの山の中。メンバーのほとんが地元原住民だから、みんな30分以内で集まれるような最高の環境です。

【写真左】 狭くて急な山道を延々と上って行きます。街灯ひとつないから夜はホント怖い(笑)
【写真中】 すると山の中に突然出現する大きな駐車場とログハウス風の建物!
【写真右】 ここが浮世離れした夢の空間!我らの愛する合宿場所 コロボックルハウス ぴかぴか(新しい)
あ、ちなみに軽トラは管理人の爺さんの愛車です。おいらの車じゃないよ・・・。

CA.jpgCB.jpgCC.jpg

ほらドラマーって荷物が大量でしょ?だから誰よりも早く現地入りして楽器を搬入して、そして個人練習するつもりが・・・結局ビール片手に写真撮影に没頭してました (〃⌒∇⌒)ゞ

【写真左】 外の流し場。朝にはすっぴんで誰なのか識別不能な女性メンバーが出没します。
【写真中】 お風呂棟。もちろん男女別々。けっこう浴槽も大きくて快適ですよ♪
【写真右】 食堂棟。完全自炊だけど食材さえ買ってくれば、円形の大きなシンク・冷蔵庫・オーブンレンジ・電気ポット・鍋・食器、すべてここに揃ってるので使い放題!そしてこの広さ!食事もミーティング(と言う名の宴会)もここでやります。もちろん時間は無制限(笑)

部屋1.jpg部屋2.jpg部屋3.jpg

こちらは寝室。部屋は三つに分かれてるけど仕切りが外せるようになってるので、うちら男部屋は二部屋をひとつにして女部屋がひとつ、と。

【写真左】 この廊下の突き当りがお風呂棟になってます。
【写真中】 仕切る前の三部屋フラットの状態。男部屋には爆音のいびきが鳴り響きます 雷
【写真右】 部屋から出ればベランダがあって、見渡す景色は・・・やっぱり山 ( ̄∇ ̄;)

晩ごはん1.jpg晩ごはん2.jpg晩ごはん3.jpg

さてメンバーも揃って日中の部の練習も終わり17:30。ちょっと早いけど晩ごはんの時間♪

【写真左】 円形の厨房に並ぶ大量のカレー皿。腕だけ写ってるのはアルトサックス担当のみぽこ嬢。おめぇさん・・・日に焼けすぎだろ。黒すぎるってばよ ( ̄− ̄)
【写真中】 モンコさんもせっせとサラダを並べてみたりして・・・。
【写真右】 はいっ!今夜の晩ごはんはカレー!サラダとビール付き ビール

ところでここまで写真を撮ったところで・・・携帯は充電切れ ( ̄□ ̄|||)
ここは携帯の電波も届かないから全然実害はないけど、何が残念って練習場所のホールも練習風景もメンバーの姿すら写してなかった!何しに行ったのかわかんねぇじゃん!(笑)
ちなみにこの施設は土曜の9:00から日曜の12:00まで借りてましたが、利用料金は・・・なんと!ひとりたったの700円。もう大笑いです! (o ̄m ̄)ノ彡_☆バンバン!
posted by モンコ at 23:33| Comment(8) | TrackBack(0) | バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

こしまわり

今日はこれから一泊で出かけるので朝のうちに更新しておきまーーーす♪
しかも・・・どうでもいいネタです ( ̄ー ̄;)

腰1.jpgこの通りモンコの腰周りはなかなか賑やか ぴかぴか(新しい)
このレザーのケースは携帯入れ。元々は携帯入れじゃなくてシガレットケースだからサイズは全然合ってません。
携帯が2個入るくらい大きいんだけど気に入ってるので常にぶら下げてます。人が 「何それ!?」 って反応してくれるだけでも着けてる価値があると言うものです♪

腰2.jpgでも腰周りが賑やかなのは、やっぱりこのイーグルヘッドのバックルのせいでしょうか?(笑)
こいつは去年買ったんだけど凄〜く気に入ってるので、買って以来ずぅ〜っとこればっかり着けてます (= ̄∇ ̄=)v
ハードボイルドな雰囲気を出すために、一応44オートマグなんか構えてみましたが・・・それは気にしないでください。

ばっくる.jpgところでモンコの腰周りを華やかに(?)演出するバックルは今のところこのぐらい有りました。いや、もっと持ってたんだけど長年使ってるとフックが折れちゃったりするんだよね ( ̄∇ ̄;)
写真の一番下のやつなんか色のくすみ具合を見てもわかるとおり約20年前に買ったやつです。こいつのフックは丈夫ですよ!丈夫過ぎて・・・ベルトの穴が負けて壊れるのが難点 あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 08:46| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ジューダス・プリースト / イン・ジ・イースト

judas_in_the_east.jpgCDレビュー 第33回目
ジューダス・プリースト / イン・ジ・イースト(1979)

メタル・ゴッドの称号を持つ稀代のハイトーン・ヴォーカリストロブ・ハルフォードを擁するジューダス・プリースト、79年リリースの日本でのライブアルバム。
「ハードロックとヘヴィメタルの違いは何?」 みたいな話しは昔から言われてるけど別に定義なんてないんです。でもただひとつ断言できるのはジューダス・プリーストこそがヘヴィメタルの象徴である!と言うこと。純度100% ぴかぴか(新しい)

JUDAS1979.JPGレザー&スタッドで身を固めたこのハードゲイ・スタイルを前面に打ち出したのもジューダス・プリーストが最初。事実1970年代には既にハードゲイって言う呼び名があったんだから。で、ファッションだけじゃなくてマジでゲイだし ( ̄∇ ̄;)
80年代以降の彼らは全世界に向けて猛進撃を始めますが、21世紀に入った現在もその勢いは留まることを知りません るんるん

オープニングナンバーEXCITERのカッコ良さはケタ外れだし、9曲目のTYRANT(邦題 : 独裁者)も大好きだな (= ̄∇ ̄=)/
posted by モンコ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | CD : 70's ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

グッドモーニング 父ちゃん!

おてら.jpg今朝のモンコは珍しく5:30起きでした 晴れ
実は8月24日は父親の命日なんです。仕事が終わってからじゃ時間が遅くなっちゃうし、真っ暗なお墓ってのは・・・あんまりゴキゲンなスポットじゃないからね あせあせ(飛び散る汗)
そんなわけで今年でもう21年になりますが、命日には毎年早朝に墓参りしてから仕事に行ってます。はい。

おはか.jpg考えてみれば、おいらが音楽好きなのも楽器を始めたのもすべては父親の影響。ギター弾きだったんだよ、この人♪
もちろん趣味としてだけど、なかなかハイカラ野郎です(笑)
予想外に早い別れだったから恩なんて何ひとつ返せなかったけど、もし生きてたら・・・結局何もしてないんだろうな。現に今母親に何もしてやれてない。世の中そんなもんよ (〃⌒∇⌒)ゞ

とりあえずこうして年に一度だけ少し真面目に物事を考えてみる日でもあります。
それじゃ父ちゃん♪また近いうちに遊びに来るから、飲みすぎるんぢゃないぞ ( ̄ー ̄;)
posted by モンコ at 23:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

モンキー・ビジネス

えぇっとね・・・今回の映画は1952年モノのコメディーだよ (= ̄∇ ̄=)v
でもマリリンが主演ではありません。この時点でのマリリンはまだ大スターじゃないからね。さぁ、あまり目立ってないけど26歳の初々しいマリリンの登場です!いかがでしょう? 揺れるハート

MB01.jpgモンキー・ビジネス(1952)
原題 Monkey Business

天才なのか、紙一重の 「?」 なのか・・・化学者フルトン博士(ケイリー・グラント)は美しく優しい妻エドウィナ(ジンジャー・ロジャース)に支えられ若返りの薬を開発中。この夫婦が主役です。

MB02.jpg檻から逃げ出した実験用チンパンジーが悪戯に調合した薬が偶然に若返りの効果を持ってしまう。ところがそんな事を知る由もないチンパンジーはその液体を飲料水タンクに放り込む。
自ら薬を(その水で)飲んだ博士は、見る見るうちに視力が回復。そして運動神経も若者のレベルに復活。すべて自分の開発した薬の効果だと信じ込み、ウキウキ気分で街へ飛び出す・・・。

MB05.jpgマリリンの役どころは研究所の社長秘書ローレル
街へ飛び出した博士を探すように命じられ後を追うが、ヘアースタイルも変え派手なジャケットを着て別人と化した博士は、さらにオープンカーを購入中! ( ̄□ ̄;)
連れ戻しに行ったローレルも博士の勢いに乗せられ、オープンカーで大暴走!ローラースケート!プール!と大はしゃぎ るんるん

MB04.jpgその後、博士の妻エドウィナも薬を飲んで大騒動を起こしたり、夫婦揃って大量の薬を飲んで子供に帰ってしまったり・・・事態はどんどんエスカレートして行きます。とは言っても純然たるコメディーだから、手に汗握るでもなく気楽に笑ってられるけどね♪
それにしても上の写真の無邪気な笑顔と言い、左の写真の足と言い・・・マリリンは存在そのものが凶器だわ(笑)

MB03.jpgほら、これがマリリンの最初の登場シーン♪さぁ、どうよ?おいらこのシーンだけで卒倒しかけましたが Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ところで博士の妻を演じてるジャンジャー・ロジャースがこれまた最高なのよ!おしとやかなシーンから、子供に帰ったときの豪快な壊れっぷり、そしてダンス・シーンでの強烈なステップ ぴかぴか(新しい)
どんな人なのか調べてみたら、なんと1930年代にフレッド・アステアとの名コンビでミュージカル映画を立て続けに大ヒットさせた有名な女優さんだったんだね!

「ジンジャー・ロジャースのように踊れる」 と言うのが、当時ダンスに対する最上級の賛辞だったらしいよ。この人の若いときの作品も是非観たいなぁ・・・。
時は2006年。なぜかどんどん時代に逆行してゆくモンコさんであった ( ̄ー ̄;)
posted by モンコ at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 : マリリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

久々の営業

菊亭.jpg今夜はおいらがドラマーに転向して以来初のライブでした。
だからおいらと入れ替わりに就任した新ベーシストも初ステージだったわけね。ドラムとベースと言えばバンドの屋台骨だもの、サウンドはある程度そこで決まるんです!
なのにうちのバンド、外野を守ってた二人にいきなりバッテリーを組ませるような無謀な人事を平気でやっちゃうから(笑)

ちなみに今夜のステージは菊亭さんと言う結婚式にも使われるホールでのビアホール・イベントでした。ありがたい事に毎年呼んでいただいてます。
それなのにお店の方!そして来てくれたお客様!つたない(しかも汚い)演奏で申し訳ありませんでした!今後もっと精進致します!今回は・・・大目に見てやってください (〃⌒∇⌒)ゞ

■ 追記 ■
この写真は決してプライバシー保護のためにボカシたわけじゃないんです。
ちょうど知り合いの方が来ていたので、おいらの携帯を渡して何枚も撮影してもらったんですが・・・急いでたもんだからカメラを接写モードにしたまんま渡しちゃったんだよね あせあせ(飛び散る汗)

だってモンコさん、前日にどアップで かき 撮ってましたから。
posted by モンコ at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

海の宝石箱や〜♪

殻付かき1.jpgモンコが生まれ育った宮城県は海産物の宝庫です ぴかぴか(新しい)
塩釜や気仙沼や有名な漁港が多いしね。で、もちろん牡蠣(かき)も最高に旨いです!皆さんはいかがですか?かき。

実はこれおいらの地元の水産加工会社さんの新製品で、かなりの優れモノなのよ Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

殻付かき2.jpgその名も 殻付かきをアツアツで !!
もうね、びっくりマークが2個も付いちゃうから(笑)
宮城県産の新鮮なかきをですね、袋のまんまレンジに放り込んで加熱すること2分間。袋の中の水蒸気がポンどんっ(衝撃)とか言って勝手に袋から抜けてくれるわけですよ♪

殻付かき3.jpgで、あとは袋から取り出して殻を軽〜くこじ開ければ、ほ〜らキラキラのプリップリだよ!(それじゃわかんねぇよ・・・)
レンジで温めるからってインスタント食品と一緒にしちゃいけません。新鮮な磯の香りがまた最高だから♪
あまりにも旨かったからブログで宣伝しとくかな・・・なんてね。今夜は地域密着型ブログと言うことでよろしく銅像。

殻付かき4.jpg醤油をたらしてみるのもまたいい感じ。焼酎との相性はもちろん最高です♪仮にその焼酎がコーヒー味だったとしてもね・・・。

こんな凄いアイディア商品を扱ってる会社さんはこ・ち・ら
ところで覗いてみたらブログまであるじゃないの! ( ̄□ ̄;)
posted by モンコ at 23:59| Comment(19) | TrackBack(0) | 食 : いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァン・ヘイレン / 炎の導火線(BlogPet)

もんろうがモンコの耳とか記憶した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もんろう」が書きました。
posted by モンコ at 18:32| Comment(5) | TrackBack(0) | ブログペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ゲルマニウム効果?

やまとの湯.jpg連休中ちょっと日帰り温泉に行ってました。
露天風呂にある葦簀(よしず)の掛かった休憩スペースで軽く横になったつもりが熟睡してしまいまして、けっこう日差しも強かったから見事に身体の表側だけ焼けました 晴れ
裏は白いです。しかもタオルを乗せてたデンジャーゾーンには四角形の跡がついてます ( ̄∇ ̄;)

むなもと1.jpgところでおいら持病の頸椎痛がいくらでも良くなれば・・・と思って先月からゲルマニウムネックレス着けてんのね(笑)
普段はTシャツに隠れてるから見えないけど、アロハの胸元から見えるとちょっとガラが悪いです (▼_▼メ)

むなもと2.jpgでも硫黄で変色したら嫌だから外して家に置いて行ったんです。なのにネックレスが触れてた場所だけ日焼けしてないの! ( ̄□ ̄;)
写真ではわかりにくいけど不思議な効果があるもんだ・・・。
どうやらただの飾りではないらしいや ぴかぴか(新しい)

ツキノワグマ.jpgもうだいぶ目立たなくなったけど、昨日なんか胸元にくっきりと白い線が残ってて、ほとんどツキノワグマ状態だったからね。。。

がお・・・。 ← 降参してやんの(笑)
posted by モンコ at 23:33| Comment(8) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ヴァン・ヘイレン / 炎の導火線

Van_Halen_1.jpgCDレビュー 第32回目
ヴァン・ヘイレン / 炎の導火線(1978)

これはまさに衝撃的なアルバムでした あせあせ(飛び散る汗)
この彗星の如く現れた新人バンドヴァン・ヘイレンは当時の音楽雑誌でめちゃめちゃ取り上げられてたから、まずは使ってるギターを見てブッ飛んだ記憶があります。
テープを切り貼りしたような奇妙なカラーリング、そして配線がむき出しみたいな雑な改造! ( ̄□ ̄|||)

Van_Halen.jpgでも当時はおいらまだガキんちょだから、すぐにレコードを買えるわけもなく・・・しばらく経ってから同級生の兄ちゃんに貸してもらって聴きました。いやぁ、あの時の衝撃と言ったら (〃⌒∇⌒)ゞ
おいらもそろそろ洋楽にハマり始めてギターを弾き出してたけど、初めて耳にしたエディのトリッキーなギタープレイは、それまでまったく耳にした事の無い異次元空間でした ぴかぴか(新しい)
でもね・・・なぜか曲そのモノにはあんまり魅力を感じなくて、この1st以外はほとんど聴いてないんだよね。CDもこれ1枚しか持ってないの(笑)
posted by モンコ at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | CD : 70's ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

パリの恋人

パリの恋人(1956)
原題 Funny Face

今回はオードリーとフレッド・アステア主演のミュージカル映画ですよ〜♪ (= ̄∇ ̄=)/ イェ〜イ

FF01.jpgFF02.jpgFF03.jpg
FF04.jpgFF05.jpgFF06.jpg

FF10.jpg地味な本屋の地味な店員ジョー(オードリー)はひょんな事からファッション誌のカメラマン(フレッド・アステア)に見出され、ほぼ無理やりモデルにスカウトされる。そんな二人のロマンスを軸にモデルとして華々しくデビューする様を素敵な歌と踊りと美しい映像でお届けします!・・・って感じかな(笑)

FF11.jpg上に並べた6枚の写真がオープニングだけど、ファッション界をテーマにしてるだけあってハンパじゃない凝りようです ( ̄□ ̄;)
ファッション誌を見てるような感じだよね!(見たことないけど)
で、もちろんミュージカルですからオードリーが歌って踊っての大活躍です るんるん

FF12.jpgフレッド・アステアの踊りは神の領域だから(笑)素晴らしい!の一言に尽きますが、オードリーもめちゃめちゃ踊れるんだね!
歌はよく聴くと 「上手な曲」 と 「ん?」 に分かれるような・・・。ちゃんと本人が歌ったのが 「ん?」 の曲なんだろうか?
まぁ、よろしよろし ( ̄ー ̄;)

これはストーリーがどうのこうの言うような映画じゃないです。実際には有り得ないけど映画の世界では在り来たりのロマンスだしね。でもまぁミュージカルなんだからつべこべ抜かさず気楽に楽しめばいいのかな?(笑)
映画の中で撮影してる写真を下に6枚貼ってみました。浮世離れした美しさですね あせあせ(飛び散る汗)

FF21.jpgFF22.jpgFF23.jpg
FF24.jpgFF25.jpgFF26.jpg
posted by モンコ at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 : オードリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

続続・献血魂

赤十字.jpg今夜はまたまたオールドシネマのレビューを書くつもりでいたんですが・・・あれって手持ちのDVDから画像をスキャンしてるから凄く時間かかるんだよね。明日に延期しまーす ( ̄∇ ̄;)
今日はわけあって6時起きだったし、スタジオにこもって昔の仲間とのセッションもあったし、さらにその後は400cc献血して来たんです。はっきり言って・・・もうヘロヘロ ヽ(°∇、°)ノ エヘヘヘヘ

AER_1.jpg場所は前回と同じ仙台駅前の31階建てビルの20階にある献血ルーム AER20。ここ大好きです♪おねぇちゃんいっぱいいるし・・・。
会社にも定期的に移動献血車が来るから、ホントはその時に献血した方が市からの記念品なんかがもらえて、ちょっと得した気分になるんだけどさ (〃⌒∇⌒)ゞ

AER_2.jpgでも最近はわざわざ遠い献血ルームまで足を運ぶことにしてます。だってその方がいい事してまーす!みたいな気分になるし(笑)
まさかルーム内で携帯カメラは使えないから、これはネットで探した写真です。ずらりと並んだ献血用のベッドは全部が仙台市内を展望できる向きに設置されてましてなかなかいい気分♪

あ・・・モンコさんは疲れて爆睡してましたがね ( ̄ー ̄;)
posted by モンコ at 23:51| Comment(10) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

辛党仁義 天下御免

辛A.jpgお盆とは言ってもさほど客も来ませんが、とりあえず来客対応のアルコールや食材は用意しておかないとね ( ̄ー ̄;)
で、ついでにおいらの晩酌のお供として色々と怪しげな輸入物を仕入れて来ました♪

商品No.1 キムチ味のツナ缶 (原産国 : 大韓民国)

辛B.jpg商品No.2 唐辛子味のツナ缶 (原産国 : 大韓民国)

No.1,2ともにこれまで購入実績はないけど、ほら原産国が原産国だからね(笑)これは期待大です♪(o ̄∇ ̄)ノ
まずはそのまま食べてみてから調理方法を検討します。

辛C.jpg商品No.3 Vienna ソーセージ (原産国 : アメリカ)

こいつも初のお買い上げ。やけに小さい缶ですが・・・
HOT&SPICYの文字に期待です♪
爪楊枝で突っついて食べるにはちょうど良さ気かな。

辛E.jpg商品No.4 SPAM HOT&SPICY (原産国 : アメリカ)

こいつは去年からハマり出してよく買って来ます。わざわざ日本語で激辛シールまで貼ってくれてる親切な輸入食品♪
晩酌のお供にはもちろん、朝から目玉焼きの付けあわせにも登場します。はい、そこそこ辛いです(笑)

辛D.jpg商品No.5 STAGG CHILI (原産国 : アメリカ)

いわゆるチリビーンズ。これは前にヒビスクスさんに教わったことがあったんだけど食べたことなかったんですよ。カウボーイの風上にも置けませんねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ
で、早速今夜食べました。旨いっ!これ旨いよ!おいらのツボ!
しかも食べたことないはずのに最近どこかで食べたような気がするぞ・・・
あーーーっ!わかった!これ、すき家の3辛カレーの味だよ! ひらめき

なんとなく・・・すき家ってカッコいいな♪(笑)
posted by モンコ at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 食 : いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

ダイアー・ストレイツ / 悲しきサルタン

dire_straits.jpgCDレビュー 第31回目
ダイアー・ストレイツ / 悲しきサルタン(1978)

これはハードロックじゃなくて安全な音楽ですよ(笑)
イギリスのダイアー・ストレイツと言うバンドのデビューアルバム。邦題は悲しきサルタンだけど、原題は単純にDIRE STRAITS。邦題はこのアルバムからシングルカットされた大ヒット曲のタイトル。とにかく売れたんです!ロックに興味を示さない層にまで売れたんです (o ̄∇ ̄o)/

マークノップラー.jpgこのバンドの中心人物はギターとヴォーカルを担当するマーク・ノップラー。一応バンド形態だけど・・・彼のソロアルバムだと思っていいでしょう。だって他のメンバーの存在感はゼロだから(笑)
この人の何が凄いかと言えば、エレキギターなのにピックを使わずクラシックギターみたいに指で弾いてんの!しかもまったく歪ませないクリーンなサウンドで早弾きすんの!
だからクラシックのような、フラメンコのような懐かしい音なんです。しかも歌はあまりメロディーらしきものを感じないお経(?)スタイル。悪く言えば強烈に時代錯誤なんだけど・・・まさかの大ヒット ( ̄ー ̄)
posted by モンコ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | CD : 70's ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

夏休みの工作

大した長さでもありませんが一応モンコさんも今日から夏休みらしきものに入りました。
宿題はないけど家中の窓を磨いたり、照明器具を磨いたり、風呂やトイレを磨いたり・・・
二日酔いにも関わらず早朝からけっこう所帯じみた仕事をしてましたがね ( ̄∇ ̄;)

謎の板.jpgさて夏休みと言えば工作ですよねっ!
おいらは小学生の時、夏休みの工作には命を賭けてました。今の趣味も本業もすべてその延長線上にあるような気がします。

で、最近もやってたんだよ・・・夏休みの工作(笑)
ほぼ毎日地道に手を加え遂に完成したのが・・・この鉄板

どらむ.jpgこの鉄板はモンコ考案の新種のパーカッションなのです!
ラテンではティンバレス (←クリック)と言う楽器を多用するけど、太鼓の胴を叩いてリズムを刻むカツカツした音が心地いいんだよね♪ところがドラムでそんな音は出ないわけで・・・ ( ̄− ̄;)
だったらドラムでその音を出してやろうじゃないの!と言うわけで考えたのがこの鉄板。左図のこれって太鼓に取り付けると・・・

取付状態.jpgほ〜ら、ドラムにジャストフィット♪
2mm厚のステンレス鋼板を加工して自作しました。ドラム本体には一切手を加えないで取り付けられる優れ物です。こいつを叩くとカツカツしたチープなラテンのノリが出せるよ (= ̄∇ ̄=)v
こいつはまだ試作バージョンだけど、これでもか!と言うほど丁寧に研磨したから表面はほとんど鏡同然です ぴかぴか(新しい)
posted by モンコ at 23:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

ミッション遂行中

pato.gif皆さんに気持ちよくお盆休みを過ごしていただくため、モンコ本日は夜の街をパトロールに出かけております。探さないでください(笑)

★ 8/12 追記 ★

ゆうこう.jpg昨日は大昔のバンド仲間と、毎年盆休みにやってるセッションの打ち合わせでした。場所はこんな居酒屋 (←クリック)
静かにジャズが流れる中、いい雰囲気の恋人同士が語らっている横で・・・唾を飛ばす勢いでロックンロールを熱く語るおやぢが三人。しかも申し合わせてないのに全員がアロハ ( ̄∇ ̄;)

ある一人がつぶやく。 「俺達ひょっとして・・・人間のクズ?」
全員が一瞬悩んだ後・・・ 「いぇーい!人間のクズにかんぱーい! (o ̄∇ ̄)ノ" 」

17歳からまったく進歩のない三人(笑)
posted by モンコ at 22:39| Comment(9) | TrackBack(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

荒野の決闘

これまためちゃめちゃ古い映画ですね ( ̄∇ ̄;)
西部劇って映画のタイトルがみんな似てるからあんまり区別つかないけど(笑)これは伝説の保安官ワイアット・アープ(実在した人物)を描いた名作中の名作ですよ ぴかぴか(新しい)

MDC1.jpg荒野の決闘(1946)
原題 My Darling Clementine

突然ですが 「雪山賛歌」 をご存じですか? 「雪よ♪岩よ♪我ら〜が宿り〜♪」 っていう歌。その元歌がこの映画の主題歌です。
「オォマイダーリン♪オォマイダーリン♪オォマイダーリン♪クレーメンタイン♪」 って歌ってます。これアメリカ民謡なんだってね。

MDC2.jpg牛の大群を売りにメキシコからカリフォルニアに向かうワイアット・アープ(ヘンリー・フォンダ)とその兄弟達。
途中立ち寄った荒野の町トゥームストーンでいざこざに巻き込まれている間に、牛をすべて盗まれた上に牛の番をしていた末弟が射殺される。犯人の目星はほとんどついている。仇を討つためアープはこの無法の町の保安官を引き受ける・・・。

MDC3.jpgこの町の黒幕的存在で賭博場を仕切っているのがドク・ホリディ。元々は腕のいい外科医だったが身体は病に冒されていて酒に溺れる自暴自棄の生活を送っていた。
保安官のアープとの間になぜか奇妙な友情が芽生える。
そしてドクにベタ惚れの酒場の女チワワ。(チワワかよっ!)

MDC4.jpg姿を消したドクを探して、かつてのフィアンセクレメンタインがトゥームストーンにやって来るが、邪険に追い返そうとするドク。
そして保安官アープは・・・彼女の美しさにすっかりやられてしまうものの当然どうすることもできません。純情な西部の男です(笑)
ダンスに誘うだけで精一杯・・・やっとの思いで誘って二人で踊るこのシーンは最高に素敵です (〃⌒∇⌒)ゞ

MDC5.jpgそして最後はもちろんあの有名なOK牧場での銃撃戦になるわけですが、この映画は生々しい銃撃シーンよりも人物描写に重点を置いてるから西部劇なのに暖かささえ感じるんだよね♪

で、クレメンタインを演じているキャシー・ダウンズって女優さん・・・すっげぇいいわ 揺れるハート 他にはどんな作品に出てるんだろう?と思って調べてみたけど、この映画以外はどうしようもないB級作品ばっかりみたいです。なんか残念だなぁ ( ̄^ ̄)
posted by モンコ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 : ウェスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

モンコ Special

焼酎1.jpgちょっと気の利いた酒を買ってくると嬉しくてブログにアップしてしまいますが、実際の晩酌はこれがメインです!宝焼酎 宝っこ (20度)
4リッターのペットボトルです。4リッターでたったの1550円です。缶コーヒーだって4リッター買ったら2400円はしますよ ( ̄∇ ̄;)
いいんです。飲んで酔えれば工業用アルコールでも大丈夫♪

ただおいらの違うところはここからもう一手間かけます!
左の袋はコーヒー豆。モカブレンドです。しかも一番安いやつ(笑)

焼酎2.jpgこの豆をビンに入れちゃうわけです Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ワォ!
量はこのぐらいかな?これより多くても少なくても・・・出来上がりはそう変わりませんから、たぶんどうでもいいでしょう。
そして3〜4日ぐらい放置しておけば豆は全部ビンの底に沈みますが、じわじわとコーヒー成分が染み出すのはそれからなので、少なくても一週間以上は待った方がいいです。

焼酎3.jpgこれが一週間置いた状態です。いい感じの茶色になってるでしょ ぴかぴか(新しい)
で、これをお好みに応じてロックでもいいし水割りでもいいし・・・
まぁ、あとは勝手に飲んでください(笑)
鼻から抜けるほのかなコーヒーの香りがナイスです (= ̄∇ ̄=)v

これは一度やってからすっかり病みつきになって・・・かれこれ8年ぐらい経つかな?もし皆さんも興味があったら是非一度試してみて♪
posted by モンコ at 23:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 食 : いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

ハウンドドッグ・テイラー / ナチュラル・ブギ

hound_dog_taylor_natural.jpgCDレビュー 第30回目
ハウンドドッグ・テイラー / ナチュラル・ブギ(1973)

このCDレビューもなんと第30回目を迎えました。
さて記念すべき(?)今回のアーティストは、
ハウンドドッグ・テイラーでございまーす♪
・・・誰も知らねぇって!(笑)
見るからにこれまで取り上げてきたアーティストとは雰囲気が違うでしょ?なんたってブルースですから ( ̄ー ̄;)

HDT1.jpgブルースマン、ハウンドドッグ・テイラー。この下品で陽気な半分笑ってるような歌声と、金属的なスライドギターは絶品です 手(チョキ)
ちなみにスライドギターってのは通称ボトルネックとも呼ばれ、指にガラスや金属製の筒をはめて弾く奏法。元々はビンの細長い部分を使って演奏してたんです。だからボトルネックね。

HDT2.jpg1915年ミシシッピー生まれ。それだけで十分カッコいい(笑)
シカゴに渡りクラブで絶大な人気を誇っていた彼の演奏をどうしてもレコード化したかった一人の男がいたそうな。その男が1971年に立ち上げたのがアリゲーター・レーベルの始まり。
つまりメジャーデビューは56歳かい!? ( ̄∇ ̄;)

それにしてもこのおぢちゃんはとにかく楽しそう♪
「楽しいったらありゃしないぜー!」 みたいな素敵な笑顔でしょ?

HDT3.jpgトリオなのにギター二人とドラムと言う変な編成だったり、本場アメリカのブルースマンなのに使ってるギターは日本製の安物だったり、すべてが常識破りの存在です るんるん

しかし何より常識破りなのは左の写真を見てちょうだい。わかるかな?指が六本あるんだよ ( ̄□ ̄;)
posted by モンコ at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | CD : BLUES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。