2007年08月18日

カッスル夫妻

BOXセットで購入したフレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビ作品のレビューもついにこれが最後の1枚になりました。でもこのコンビの作品は全部で9作品あるはずなんです。
ここまでハマっちゃったからには・・・もう全部探すしかありませんね (〃⌒∇⌒)ゞ

cas01.jpgカッスル夫妻(1939)
原題 The Story of Vernon and Irene Castle

これは1910年代社交ダンス界に一大旋風を巻き起こした実在のヴァーノン&アイリーンカッスル夫妻の活躍を描いた作品。衣装デザインはアイリーン本人が担当したそうですよ!

cas03.jpg cas04.jpg cas07.jpg
子犬を助けた縁で知り合ったヴァーノン・カッスル(フレッド)アイリーン(ジンジャー)
アイリーンは役者に憧れる金持ちのお嬢様
ヴァーノンは踊りは得意でもダンサーとしては使ってもらえない売れないコメディアン
ある日アイリーンは友達を連れてバーノンの舞台を観に来るが、そこで観たのは・・・道化の格好で火を着けられたり消火器をかけられたりのドタバタ喜劇を演じるヴァーノンの姿。
ヴァーノンのダンスの才能を信じるアイリーンは、彼の情けない姿をヒステリックに罵る。

cas08.jpg cas09.jpg cas10.jpg
その後二人には愛が芽生えて夫婦になります。(この辺は毎度単純っすねぇ・・・笑)
夫婦で踊ることに決めた二人はレッスンを重ねて劇場のオーディションを受けるが 「誰がわざわざ金を払って夫婦の踊りを観るんだ?」 と反応は冷ややか。
ヴァーノンの興行で訪れたパリでも結局出番は例のドタバタ喜劇。二人はすっかり落胆する。
ところがそんな二人の元に偶然ホテルの階下に滞在していた興行主から声がかかった。

cas11.jpg cas12.jpg cas13.jpg
二人の革新的でモダンなダンスは瞬く間に評判を呼び大ブームを巻き起こし、アイリーンの髪型やファッションはすべての女性の憧れの的になる。そしてそのブームは世界的なものに!
・・・と、ここまでは絵に描いたようなサクセスストーリーだけど、時代は第一次世界大戦中
やっと成功を掴んだ二人の運命も戦争によって翻弄されます。。。

これまで紹介した二人の共演作品との違いはストーリーがしっかりしていること
踊り自体は社交ダンスがテーマなのでこれまでの作品のような派手さはありませんが、それでもこの二人の踊りにはケタ外れのがあります。役者としての格が違います!
そしてどの作品よりもジンジャー・ロジャースが美しいのですよ ぴかぴか(新しい)
もし興味を持たれた方は是非レンタルで探してみてちょうだいね〜♪ (o ̄∇ ̄o)/
posted by モンコ at 22:44| Comment(3) | 映画 : ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!これがDVDボックス最後の1作品ですか〜!これも観たことないです〜(>_<)

写真見ているだけでうっとりです♪
やっぱり良いですね〜オールドシネマは(^_^)
実在の人物がモデルだなんて、珍しいですね。
なんだかストーリーもしっかりしてそうだし、
興味深いですね。是非観てみたいですわ♪

ちなみに、この時代の服装とかって、すごく素敵ですよね。
私もジンジャーのようになりたいものですわ(笑)
Posted by イオ at 2007年08月24日 18:42
■イオさん

>おお!これがDVDボックス最後の1作品ですか〜!
そうですよ〜♪
イオさんのミュージカルレビューを観てなきゃ、
おいらは絶対踏み込むことのなかった領域です。
ホント感謝してます m(_ _)m

>実在の人物がモデルだなんて、珍しいですね。
浮世離れ感こそがミュージカルの醍醐味なのにね (〃⌒∇⌒)ゞ
モデルになった 「カッスル夫妻」 の人生そのものが
おそらく映画並みに波乱万丈だったんでしょう。
しかもそれを演じた二人がさらに浮世離れしたコンビ(笑)

>私もジンジャーのようになりたいものですわ
どうぞどうぞ遠慮なさらずなってくださいまし♪
「21世紀の和製ジンジャー・ロジャース」

なんと素敵な響きでしょう (o ̄∇ ̄o)/
Posted by モンコ at 2007年08月24日 23:15
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の初心者 at 2014年07月30日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。