2009年10月05日

レトルト仁義 vol.31

aarti-1005-1.jpg神戸アールティ 初回限定 お試しセット
実際にはレトルトじゃなくて冷凍配送してもらったカレーですが、一応温めモノということで、久々のレトルト仁義です ぴかぴか(新しい)
詳細は数日前の記事 お取り寄せグルメ を参照していただくとして・・・神戸のアールティさんから商品が届きました〜!
いやぁ、お試しセットっていうから一品一品がもっと少ないんだと思ってたら、かなりちゃんとした量が入ってるじゃありませんか!嬉しいなぁ♪(o ̄∇ ̄)ノ"

aarti-1005-2.jpg今回注文したのはベジタブルカレーチキンカレー、そしてナンサフランライス。以上4品です。冷凍パックなので、カレーサフランライス湯煎ナンは解凍後に軽くオーブンでチン
ナンは予想外に大きかったので我が家の小さなオーブンレンジには入りきらず、泣く泣く切りました ( ̄∇ ̄;)
いやぁ、それにしてもこのセット旨いっすよ!おいら好みです!
本格的なスパイスを使ったインドカレーと日本の食材の見事な融合って感じでしょうか?
もちろんナンもサフランライスもナイスです。量的には軽く二人分ぐらいです。
よし、ここのカレーはまたお取り寄せしてみよう。おいら的にストライクゾーンど真ん中です。

そうそう!せっかくのメニューが蛍光灯の反射やら何やらで全然綺麗に撮れてませんが・・・
これは早く食べたかったから綺麗に撮るための試行錯誤を一切してないわけですよ あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 23:59| Comment(8) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

レトルト仁義 vol.30

nishikiya.jpgカレーのにしき屋 宮城の牡蠣カレー
さて、久しぶりのレトルト仁義です。なんと30回目に突入!?
今回も大手メーカーではなく 【食の彩典 in 宮城】 で初めて知った地元宮城のこだわりカレー屋 にしき屋さんの商品です ぴかぴか(新しい)
そんなわけでトップ画像はあえて商品パッケージではなく、イベント時のにしき屋さんブースからスタッフさんの写真を採用(笑)

kaki-c-1.jpg kaki-c-2.jpg kaki-c-3.jpg
はい、パッケージはこれ。何気に高級感バリバリです♪
上質の紙袋にさらに帯を巻いてるんだよね。よそのご当地物モノでも500円クラスのレトルトは多いけど、こんな手間ひま掛けたパッケージは見たことないですよ?にしき屋さん ( ̄∇ ̄;)

kaki-c-4.jpg kaki-c-5.jpg kaki-c-7.jpg
で、こちらが完成イメージ。相変わらずカレーってやつは見た目の違いがありませんが(笑)
ゴロゴロと入っている大粒の宮城県産牡蠣もルーの中に沈んじゃってて、今ひとつアピールしきれてないのが実に残念!メーカーサイトの写真通りちゃんと豪快に入ってますよ。
いやぁ・・・やっぱりここのカレーは旨いです。もちろん辛さは全然物足りないわけですが、おいらが満足するようなカレーを作ってたら商品化できませんからね。クレームの嵐でしょう あせあせ(飛び散る汗)

kaki-c-6.jpgちなみにスープ代わりにさりげなく横に置いてるのは・・・
エースコックベジさめ トマト春雨のミネストローネ
これ、最近のお気に入りでして続けて2〜3回食べてます(笑)
ただのあっさりした春雨じゃなくて、野菜を練りこんだ春雨なので新しい食感だし、なかなかボリューム感もあります。カレーとも相性が良いので、皆様も非常時の食卓に是非 (〃⌒∇⌒)ゞ
posted by モンコ at 00:00| Comment(4) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

レトルト仁義 vol.29

gyuutan-c-1.jpgカレーのにしき屋 牛タンカレー
久々のレトルト仁義でございます v(= ̄∇ ̄=)v
製造元はカレーのにしき屋さん。もちろん誰も知らないでしょう。
こちらは厳選された食材のみを使用した超こだわりのカレーを作っている地元宮城県の会社です。いや、実際おいらも知らなかったけど、ほら先月 食の彩典 in 宮城 ってやつに行ったときに初めて知ったわけですよ。試食したやつがすげぇ旨かったの♪

gyuutan-c-2.jpgで、そのとき2種類買って来たうちのひとつがこの牛タンカレー
でもさ、カレーってやつはたとえどんなに素晴らしい味がしようとも見た目は全部一緒だよね。困ったもんです ( ̄ー ̄;)
この写真からは伝わりにくいでしょうが、かなり本気の牛タンがゴロゴロと入ってます。そしてマッシュルームじゃなくて、あえてぶなしめじってのも地場産品使用の心意気を感じます☆

gyuutan-c-3.jpgあ・・・最初からこちらのメーカーサイトの写真を使った方がわかりやすかったかな?とりあえず、こんな感じ あせあせ(飛び散る汗)
まぁ、辛さ的には全然物足りないけど(注 : モンコ規格)、これはにしき屋さんのこだわりがガンガン伝わってる逸品でした。
ご当地カレーってのはハズレも多いもんですが、これなら500円超えグッド(上向き矢印)という価格にも納得できます。偉いぞ、宮城県!(笑)
posted by モンコ at 00:00| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

レトルト仁義 vol.28

lee20-a1.jpg江崎グリコ LEE 辛さx20倍 深炒り焙煎唐辛子ブレンド
もうこれは商品名だけでも大笑いですね♪
レギュラーコーナーであるはずのこのレトルト仁義も、ふと気づけば2月に書いたきり。なんと3ヶ月ぶりです。最近は勤務の不規則さやら何やらのせいで、家ではけっこうまともな食事を摂っていたので・・・非常食に頼る必要はなかったのかも知れません。

lee20-a2.jpgで、久々のレトルト仁義。今回はソーセージをトッピング☆
これね、ご飯が少ないとか皿が小さいとかじゃなくて・・・フランクフルトソーセージがめちゃめちゃデカイのよ ( ̄ー ̄;)
近所のスーパーで焼きたてのやつが1本100円で売ってたので、ゴージャスに2本トッピングしてみました。いかがでしょう?
レトルトカレーのぷちセレブ食い(笑)

lee20-a3.jpgひぃーっ!ソーセージが邪魔でカレーが溢れそう! どんっ(衝撃)
でもさすがはLEEx20倍。こんなデカイ邪魔者がトッピングされても、しっかりと辛さの主張が感じられます。実にナイス。
考えてみたら、このコーナーでx20倍は書いてなかったんだな。過去にx10倍x30倍暫定x45倍相当は書いてたのに・・・。
まぁ、皆さんにとってはどうでもいいことでしょう (〃⌒∇⌒)ゞ
posted by モンコ at 17:35| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

レトルト仁義 vol.27

58c1.jpg沖縄物産公社OK ゴーヤーカレー
大きく書いてある58CURRYの文字はつまりゴーヤーカレーと読むんですね(笑) そしてサブタイトル?に 「沖縄の食堂風 ほろ苦い思い出」 とあります。ちょっと前にスーパーの沖縄物産フェアで泡盛と一緒に買いましたが、泡盛(30度)は記事を書く前に全部飲んじまいました ヽ(°∇、°)ノ エヘヘヘヘ

58c2.jpgちなみにおいらゴーヤーって大好きなのね。うちでも作ってます。意外でしょうが寒冷地宮城でもちゃんと栽培できるんだよ♪
さすがに自家製のカレーには入れたことないけど。。。
で、これはパッケージ裏の原材料名を見ただけでも、けっこうレトロモダンな味が期待できました。最近見ちゃうんだよねぇ、裏書き。そして大体の味が予想できちゃうのよ ( ̄ー ̄;)

karaagekun.jpgただ、そんなレトルトマニアの視点から今ひとつ予想できなかったのが、このゴーヤーカレーの辛さ。大体パッケージには辛口とか中辛とか書いてないんです。つまり・・・辛くないんだろうな、と。
そんなわけで今回はトッピング用にこんなモノを調達。ローソンのからあげクン レッド。5個入りで210円(税込)。
このピリ辛感はビールとすごく相性いいんだよね♪

58c3.jpgはい。前置きが長くなりましたが、これが完成イメージです。
からあげクンを3個と大き目のらっきょうを2個、前線に配備してみました。うぅ〜ん・・・やっぱり予想通り甘めのカレーでした あせあせ(飛び散る汗)
からあげクンの応援を貰ってもまだまだパンチが弱いですね。ゴーヤーの苦みもほとんどカレーに吸収されちゃってるようで、かろうじて食感だけは楽しめるかな?全体的に惜しいっ!(笑)
posted by モンコ at 21:28| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

レトルト仁義 vol.26

delhi1.jpgハウス食品 デリー・プレミアムレシピ ビーフマサラ
これはハウス食品が出してる普通のレトルトカレーですが(でも期間限定品なのかな?)、どうやら老舗のインドカレー屋の味を再現した一品らしいのです。商品に冠されたデリーの名はそのお店の名前。へぇ、上野にあるんだ?しかも地図を見たら、不忍口の方じゃありませんか。おいらの縄張りぢゃん(笑)

delhi2.jpgパッケージによると・・・デリーは1956年、日本人の手による初めてのインドカレー専門店として東京上野に産声をあげた。本場の味をいかしつつ、日本人に美味しいと喜ばれる味を追求し続けて半世紀。 「カレーと言えばデリー」 と言わしめてきた歴史と実力を持つインドカレーの名店。だそうです ぴかぴか(新しい)
でもその老舗の味をレトルトで再現するのは難しいよね。
食べた感じはかなりスパイスも効いてて旨かったけど・・・さほどのインパクトはなかったかな。
これはお店に行って是非本物を食べてみたいです! ☆デリーさんのHPはこちら☆
おいらは辛さグレード星5つカシミールカレータンドリーチキンセット(1,700円)がいいな。
もちろん、それにマハラジャビールを2つ、3つプラスで ビールビールビール
posted by モンコ at 22:45| Comment(8) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

レトルト仁義 vol.25

nasu-tomato-c1.jpg明治製菓 なすとトマトのカレー
バンド活動が落ち着くと意外と在宅率が高いモンコさんです。
しかも今年は不景気につき年末年始の休みも長いらしいし・・・のんびりとDVDをまとめ鑑賞するにはちょうどいい機会かな。
で、食生活はカレーの繰り返しですか?(笑)
さて今回のカレーはこれ♪普通でしょ? (〃⌒∇⌒)ゞ

nasu-tomato-c2.jpg野菜がデカい!特になすが異常にデカいです!おいら肉にはあんまりこだわらないけど、野菜にはうるさいからね。これはなかなかいいんじゃないでしょうか。明治さん頑張ってます ぴかぴか(新しい)
ただカレーソースにもふんだんにトマトが使われてる分、酸味はハヤシライスに近い雰囲気かな?残念ながらスパイスが醸し出すデンジャラスなコクは感じられませんでした ( ̄ー ̄;)

ちなみにメーカーサイトはこちら。普通ですね。銀座カリーだけ異常に凝ってるわけね(笑)
posted by モンコ at 22:25| Comment(7) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

レトルト仁義 vol.24

あれ?そう言えば11月はレトルト仁義を一度も書いてませんでしたね。
いかんなぁ・・・。それだけ休日に家にいないという事かも知れません。しかもオールドシネマに至っては9月に書いたきりです。最近全然観てないのよ (〃⌒∇⌒)ゞ

mars1.jpgオリエンタル マースカレー
そんな訳で久々のレトルト仁義は、9月末に書いたオリエンタル即席カレーに続き、またまたレトロ路線で行ってみましょう。
もちろんこちらもオリエンタルさんの商品でマースカレー ぴかぴか(新しい)
昭和37年発売のロングセラー商品の復刻レトルト版です。
パッケージは可愛いんだか渋いんだか、けっこう微妙(笑)

mars2.jpgでもこのカレーは甘いです。かなりの甘さです。パッケージには何も書いてなかったけど、これは甘口の部類に入るでしょ?
おいら甘口は食べたことないからよくわかんないけど、何たって綺麗な黄色のカレーなんて有りえないっすよ( ̄ー ̄;)
たぶん甘口派の人にとってはナイスなカレーでしょうが、おいらは味を楽しむ以前に物足りなさばかりが気になりました。
そう、例えて言うならば・・・ノンアルコールビールを飲んでるような気分でしょうか? あせあせ(飛び散る汗)
何はともあれ発売当時のCMをどうぞ♪マースって火星のMARSじゃなかったんですね。。。
(YouTubeリンク切れの際はご容赦くださいませ。)

posted by モンコ at 16:30| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

レトルト仁義 vol.23

orient3.jpg

orient1.jpgオリエンタル 即席カレー
いきなり馬鹿デカい画像で恐縮です ( ̄ー ̄;)
前回のLEE辛さ30倍ジョロキアブレンドのときにmoondreamsさんとのコメントの中に登場したオリエンタルカレーです☆
今回は激辛を追求したわけではなくカレーマニアとして、昭和20年発売という歴史に敬意を表しての選択です。

orient2.jpgそれにしてもパッケージデザインのシュールさが天下一品!
商品名は即席カレー。下に書いてある 「美味」 「経済」 も意味不明ですが、何気にいい雰囲気を醸し出してくれてます(笑)
で、味はシンプルな甘目のカレーを想像してたんですが・・・なんだよ!トマトペーストの味わいがしっかり感じられる思いっきりハイカラな味じゃないの!凄いぞ、昭和20年! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
柔らかポーク大切りじゃがいもも看板に偽りなしです。レトルトで280円クラスはけっこうな値段ですが、決してギャグで作ったレトロ商品ではありません。これは本物です 手(チョキ)

依然PCトラブル継続中のため外から更新しております あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 00:00| Comment(8) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

レトルト仁義 vol.22

x45-1.jpg江崎グリコ LEE 辛さx30倍 ジョロキアブレンド
LEEの30倍は過去にも記事を書いてますよね。でも前のやつは青唐辛子バージョン、今回のはジョロキアブレンドです(笑)
パッケージによるとジョロキアとは・・・ハバネロを超えた最強の唐辛子だそうな。付属のジョロキアソースを加えれば暫定45倍相当の辛さになるという、ちょっと危険なカレーです。

x45-2.jpg x45-3.jpg x45-4.jpg
: はい、盛り付けイメージです♪一応、45倍に敬意を表して缶ビールもスタンバイ ビール
でも黒いバンダナの上に置くとあんまり見えないっすね。次回は敷き物を替えてみます あせあせ(飛び散る汗)
: で、これが噂の劇物。ジョロキアの辛さ増強ソース。汁っぽいやつかな?と思ってましたが、よく地獄ラーメン系(?)に付いてくる辛味噌みたいな感じのペーストでした。
: なんの迷いもなく全量投下してみましたが、見た目にはわかりませんね ( ̄− ̄;)

ほほぉ・・・これ、けっこう辛いぢゃんるんるん でもそれほどぶっちぎりの辛さとか、口が痛いとか、味がわからないって言うほどぢゃないですよ。カレーその物の味やビーフのしっかりした食感も普通に楽しめるレベルだと思います。普通に旨い激辛カレーって感じかな? (〃⌒∇⌒)ゞ
でも上記コメントは辛さに対する感覚が尋常じゃないらしいモンコさんの個人的見解なので、皆さんがチャレンジする場合は必ず自己責任で行ってください。宜しくお願い申し上げます(笑)
posted by モンコ at 18:45| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

レトルト仁義 vol.21

ふと気が付けば・・・またまた1ヶ月ぶりのレトルト仁義です。とにかくモンコさん、休日はほとんど家にいませんからね。バンドの用事がなくても、ジムや温泉にいる確立が高いです(笑)

senba1.jpg(株)ドウシシャ 大阪船場カリー イカ墨牛スジカリー

会津から一気に博多まで南下、また富良野へ北上、そして今回は日々お世話になってる(?)laylaさんぴかみえさんRUMYさんのお膝元である大阪のカレーでございます ☆
とは言っても別に大阪名物ってわけじゃないんでしょ?

senba2.jpgおいらだって見たことも聞いたこともない地元の名物がありますからね。宮城県人そんなもん知らねぇぞ?みたいな。。。
とにかくこちらはパッケージ裏の写真。つまり名物じゃなくて大阪船場の有名カリー屋さんとのタイアップ商品ってことかな?
しかもイカ墨っすよ、イカ墨! ( ̄∇ ̄;)
それじゃ、どんだけ濃厚なのか白ねぎ無しで行ってみましょう♪

senba3.jpgおぉっ、黒いぞ!俗に言う黒カレーとは異質の黒さです!
まるでイカ墨みたいな黒さじゃないか! ← イカ墨だから
本場○○の味とか言ってるくせにボン○レー以下みたいな商品も多々ありますが、これはマジ頑張ってますね。レトルト特有のチープさを感じさせないコクのあるゴージャスな仕上がりです。
ただ大マジでイカ墨が入ってるので(笑)ルーのとろみとは違ったねとっとした独特な舌触りは・・・評価が分かれるポイントかも知れません ( ̄ー ̄)
posted by モンコ at 22:29| Comment(8) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

レトルト仁義 vol.20

全然家にいないから、定番コーナー?レトルト仁義もすっかり月一ペースになってますね あせあせ(飛び散る汗)
会津博多富良野、と滅茶苦茶なルートを辿ってますが今回もご当地モノです。

有限会社にしやま 大間まぐろカレー
ohma1.jpg ohma2.jpg ohma3.jpg
さぁ、今回は本州最北端青森県大間崎のまぐろですよ!
その名も大間まぐろカレー!こんなのもあるんだぁ ( ̄∇ ̄;)
イカとか貝類の入ったシーフードカレーは好きだけど、まぐろメインってのはどうなんでしょう?
でも、まぐろは火を通すと普通に肉と間違うくらいの素晴らしい食材だからね♪

大人の辛さ!!海の男の味!!
黒い精悍なパッケージが、これでもか!ってぐらいにガンガン煽ってきます。しかも!
りんごジュース使用(わかめ入り)
あれ?・・・なんだか一気に迫力なくなっちゃいましたね。使わなくていいよ、りんごジュース(笑)

あ、今回は盛り付け状態の撮影を忘れました。でも見た目は極めて普通ですよ。
で、味の方は・・・まぐろはほんのちょっとしか入ってないし、さほどのインパクトは無いですね。
カレーとしては普通に旨いけど、まぐろカレーだよ!って言われなければ気づかないんじゃないかな?それともフレーク状のまぐろがいっぱい入ってたのかな???
だってこれ・・・498円もするんですよ (@_@;)
posted by モンコ at 21:50| Comment(10) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

レトルト仁義 vol.19

昨日書いたとおり今回ネタ別検索をグレードアップしましたので、これで過去のレトルト仁義も簡単に見られるようになりましたが・・・何の役にも立たないグレードアップですね ( ̄∇ ̄;)

furano1.jpgJAふらの 富良野ブラックカレー 黒豆チキン
そんなわけでまたまた一ヶ月ぶりのレトルト仁義になりました。
前々回は会津地鶏カレー、そして前回は博多とんこつカレー、とご当地物が続いたので、今回もその路線で行ってみましょう。
はい!今回はJAふらのさんの商品で富良野ブラックカレー
けっこうマニアックな一品ではないでしょうか?

furano2.jpgベースはオーソドックスなチキンカレーですが、大量に入ってる黒豆が微妙な甘さを醸し出してます。その分、カレー自体はけっこう本気の辛さで勝負してるのが実に好感が持てます。
スパイスもクセのある物は使ってないので、エスニック風味のない和風カレーっぽい味は万人ウケしそうな感じですね。もちろんおいら的にはもっと辛い方が嬉しいけど (〃⌒∇⌒)ゞ

それはそうと、今回はブラックっぽさを演出するために、下に黒のマリファナ柄のバンダナを敷いてみましたが・・・全体の明るさまで吸い取られてしまったようです。失敗 あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 23:06| Comment(4) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

レトルト仁義 vol.18

bacaca01.jpgサンフラッグ BACACAカレー ポーク(中辛)
あら!?書いてる本人が驚いてますが、定番コーナー?であるレトルト仁義・・・3月以来書いてなかったんですね ( ̄□ ̄|||)
相変わらず週に数回は食べてるはずなのに、これはおそらく休日に家にいない証拠だと思います。はい。。。
そんなわけで久しぶりのレトルト仁義はMADE IN 博多 ぴかぴか(新しい)

bacaca02.jpg箱には商品名とも心意気とも取れる文が書いてあります。でも横にBACACAカレーと書いてあるので、BACACAカレーポーク(中辛)が商品名なのかな?商品名はわかりやすく あせあせ(飛び散る汗)

bacaca03.jpg思ったよりも水っぽいルーだったから一気にドーッと出てしまい盛り付けは今ひとつですが、とんこつベースが威力を発揮しているらしく、見た目と違ってかなり濃厚な味わいでした。あまりインパクトはないけど、これはけっこうモンコさん好み (= ̄∇ ̄=)v
でも上の写真と見比べてください。上はあくまでも調理イメージだろうけど・・・目に見える具はポークが1個だけですか?
posted by モンコ at 20:21| Comment(4) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

レトルト仁義 vol.17

aidzu-jidori1.jpg会津地鶏カレー(中辛口)
実に久しぶりのレトルト仁義です。あ・・・最近ここに遊びに来ていただけるようになった方には何の事やら意味不明ですよね。
辛い物マニアでC級グルメのモンコさんは、ちょくちょくレトルトカレーのレビューなんかも書いてまして、今回ですでに第17回目を迎えますよ、と。馬鹿ぢゃん ( ̄∇ ̄;)

aidzu-jidori2.jpgそんなわけで今回は趣向を変えて地場産品で行ってみましょう。お隣の福島県の商品で、その名も会津地鶏カレー ぴかぴか(新しい)
たまたま大手スーパーで見つけたんですが、パッケージ裏を見るとハウスとかS&Bじゃないもんね。なんたって財団法人 猪苗代町振興公社ですから、筋金入りですよ! (なにが?笑)

aidzu-jidori3.jpgさてさて、お味の方ですが・・・こりゃ旨いっす♪(o ̄∇ ̄)ノ"
さすがに中辛だからおいら好みの破壊的な辛さは期待できませんが、ルーの味が濃くてけっこうパンチが効いてます。そして会津が誇る地鶏。うん。レトルトカレー漬けになってもしっかり地鶏感をアピールしてます。鶏肉の多さも嬉しいです。
ただ・・・レトルトで500円超えは高すぎだろ?どうよ? あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 23:58| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

レトルト仁義 vol.16

java-spice-ex.jpgハウス食品 ジャワカレー スパイスエクストラ
我が家のカレーは複数のルーをブレンドして、さらにおいらが買ってきた怪しげなスパイスを適当に加えているらしいので、おおよそ市販のカレーとは似ても似つかない味に仕上がります(笑)
でも昔はずっとジャワカレーでした。ジャワの辛口はけっこう辛いんだよね。そんな思い入れもあり、今回のレトルトはこれ♪

java-1.jpgあれ?何か違うぞ?・・・たしかに旨いけど、こりゃ通常のジャワとは全くの別物だったようですね。
スパイスエクストラというだけあって、さすが焙煎スパイスらしきコクは感じます。でも、なにかおいら好みじゃない物が少し入ってる気がするんだよなぁ ( ̄− ̄;)

java-2.jpgさて、どれだろう?さっそくパッケージ裏をチェック サーチ(調べる)
うぅ〜ん・・・わからん。でもおいらタイカレーは苦手なのね。苦手な理由はココナッツミルク!あれがちょっと苦手なんですよ。
すると、このジャワカレーの違和感の原因は粉乳・ココナッツあたりでしょうか?そんなどうでもいい考察を交えながら、モンコさんのカレー人生は延々と続きます。。。
posted by モンコ at 22:34| Comment(4) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

レトルト仁義 vol.15

2007lee30.jpg江崎グリコ LEE 辛さx30倍
去年の暮れにこんな記事を書きましたが、正月中はなんだかんだと食料が豊富だったのでこの劇物(笑)を食べる機会がありませんでした。ずっと食べたくてうずうずしてたんだけど・・・。
それが満を持してついに食卓に登場ですぴかぴか(新しい) v(= ̄∇ ̄=)v
おいらの撮った写真ではインパクト不足なので画像はグリコさんのHPからお借りしてきました。

caution.jpgそしてせっかくなので食べ方もHPに書いてあるマニュアルを忠実に守ってみました。これは・・・はっきり言って最高(笑)

bgm.jpgもう笑っちゃう辛さですよ♪ ← この感覚わかります?
これを市販したグリコさんのセンス、実に素晴らしいっす!
ちなみにHPを見てたらこんなモノまで扱ってるんですね。インドカレー屋のBGMというCD。しかもけっこう高い。。。まぁ、シャレでこんなのを部屋で流してみたい気がしないでもありませんが、別にそこまで徹底しなくても・・・ねぇ? ( ̄ー ̄;)
それにおいらにとってはカレーにはこの手の音楽よりもメタリカのサウンドの方がしっくり来るような気がします雷雷雷
posted by モンコ at 21:32| Comment(10) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

レトルト仁義 vol.14

最近は休日でもほとんど家にいなかったので久々のレトルト仁義になりました。まだ一度も食べたことのないレトルトカレーは5種類ぐらいストックしてあるんですけどね ( ̄ー ̄;)

グリコ タンドリー風チキン&インド風カリーソース
そんなわけで今回は変わりダネの登場です。お値段は318円と強気な設定。
なのに商品名はタンドリーとかインドとか妙に弱気なのが笑えます (o ̄m ̄) プッ

curry-w1.jpg curry-w2.jpg curry-w3.jpg

で、これ箱が厚いでしょ?なぜなら中にはレトルトパックが2個入ってまして、チキンカレーに分かれてるんですよ。なかなかの高級感です。だから普通のレトルトカレーとは同じ土俵じゃ語れませんが、こりゃけっこうイケてました。食べ応えも満点です♪
まぁ、毎回のことですが辛さが物足りなく感じるのは・・・おいらの味覚に問題があるんだろうから、そこは仕方ありません。おいらが満足する辛さでは商品化できないもんね (〃⌒∇⌒)ゞ

ちなみに盛りつけイメージは撮り忘れました。全部食べてから思い出してやんの あせあせ(飛び散る汗)
posted by モンコ at 16:35| Comment(3) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

レトルト仁義 vol.13

curry-atsugiri_beef.jpgヱスビー食品 厚切りビーフカレー SPECIAL
前回のカレーに引き続き今回も赤のパッケージがまぶしいやつで行ってみましょう♪(o ̄∇ ̄)ノ"
最近は休日も家にいて印刷物のデザインやバンド関係の仕事をしてる日が多かったのでレトルト率が高かったんですよ。
でも今回はうかつにも箱しか撮ってません!無念・・・。

これはスーパーで298円だったかな?最近ハンパに高価なレトルトにはまってるせいで、300円以下だと安く感じてしまいますが・・・実際レトルトでこれは高いよね。しかも当然すべてが旨いとも限らないわけで、ある意味カレー選びもギャンブルです(笑)

で、パッケージによるとフォン・ド・ボーソースとグレービーソースによる濃厚な旨み牛ほぐし肉を溶け込ませたそうな。こりゃポイント高いっすよ!牛肉の存在感に加えジャガイモもゴロゴロと入ってるのがすごく好感が持てます。やればできるぢゃん。ヱスビー食品さん ( ̄ー ̄;)
posted by モンコ at 23:14| Comment(6) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

レトルト仁義 vol.12

curry-kokusanjidori_aka.jpgMCC食品 国産鶏の赤カレー
なんとも渋いワインレッドのパッケージがそそります。
ちょうど一ヶ月ぶりのレトルト仁義は国産鶏の赤カレーです。まぁ、最近の食品業界は国産とか地鶏とか書いてあってもまったく信用できない困った状態になってますが・・・MCC食品さんはそんな会社ではない!と信じましょうね ( ̄ー ̄;)

aka-1.jpgパッケージの裏には、国産鶏のひき肉を使用し、野菜をベースに仕上げたカレーソースに、コチジャン・赤唐辛子・パプリカ3種類の赤素材で旨みのある辛さを加えました とのこと。
うぅ〜ん、おいらにとっては殺し文句の連発ですね(笑)
しかも、非常に辛いのでお子様や辛い物が苦手な方は十分に注意してお召し上がりください と。そんな人は買わねぇだろ あせあせ(飛び散る汗)

aka-2.jpgはい。こちらが盛りつけイメージです。
写真もショボいし、モニターによっても色合いがわかりにくいでしょうが・・・けっこう赤いっす。パッケージはシックなワインレッドだけど普通に赤いです。そして味も辛さもいい感じでした♪
ただ形の残っている具材が挽き肉だけなのは、野菜好きにとってはちょっと淋しいね (〃⌒∇⌒)ゞ
posted by モンコ at 23:30| Comment(9) | 食 : レトルト仁義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。