2009年06月26日

マイケル・ジャクソン逝去に想ふ

CDレビュー / 第159回目 ぴかぴか(新しい) 番外編 ぴかぴか(新しい)
マイケル・ジャクソン逝去に想ふ

追悼企画という訳でもありませんが、マイケル・ジャクソンが亡くなりましたね。まだ50歳・・・。
でも過去に一度も好んで聴いた記憶がなく、何の思い入れもないアーティストなのです。
唯一、音楽的な接点を見出せたのは、Beat it のレコーディングでエディ・ヴァン・ヘイレンをギタリストとして起用した事ぐらいかも知れません。ほとんど管轄外のジャンルです。
そんなおいらがマイケルのベストトラックだと思うのは・・・39年前。まだジャクソン5の時代。
1970年(マイケルは12歳かな?)の全米No.1ヒット I'll Be There。これはホント大好き!
神技とも言えるソウルフルな歌いまわしも、ルックスも・・・このままで良かったのに ( ̄− ̄;)
とにかく偉大なる世界的ヒットメーカーに合掌です。ご冥福をお祈り致します。。。
(YouTubeリンク切れの際はご容赦くださいませ。)
posted by モンコ at 20:36| Comment(10) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

蒸し返しCD vol.14

polnareff_best.jpg蒸し返しCD vol.14
ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ(1966〜)

ネタを蒸し返す以前に、そもそもなぜこのブログでこのCDを採り上げるかな?って話しですよね。なんたってお上品おフランス発の音源ですから (〃⌒∇⌒)ゞ
そんなわけでミッシェル・ポルナレフです。知りませんか?
いやいや、名前は知らなくても曲は知ってるでしょ?
1969年のヒット曲とは言え、シェリーに口づけを知らないとは言わせませんよ!トゥトゥ・プマシェリー・マシェーリー♪
気になった方は曲名をクリックしてみてちょうだいね。絶対聴いたことあるはずだから!
でも、ここに貼り付けるのはあえて違う曲Love Me,Please Love Meで行ってみましょう(笑)
あまりにも年代が古いので良質なライブ映像はありませんでしたが、この曲はスタジオテイクで聴いた方がいいと思うので静止画バージョンにて失礼。ピアノも歌も最高っすよ♪(oT∇T)ノ"

注 : タイトルをクリックすると過去の記事が開きますので興味があれば是非そちらもどうぞ♪
(YouTubeリンク切れの際はご容赦くださいませ。)

posted by モンコ at 22:41| Comment(9) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

スリー・ディグリーズ / ザ・ベスト

three_degrees_best.jpgCDレビュー 第112回目
スリー・ディグリーズ / ザ・ベスト(1974〜)

今回は本道のハードロック路線から外れて、このブログの流れでは超異色のアルバムを取り上げてみましょう。
黒人の女性トリオスリー・ディグリーズ ぴかぴか(新しい)
彼女らのデビューは1965年ですが当初あまりヒットには恵まれなかったようで、本格的にヒットするのは74年。本国アメリカよりも日本で先に人気が出たみたいです。

th01.jpg洗練されたサウンドが特徴の(だから真のソウルファンには受け入れられないとか)いわゆるフィラデルフィア・ソウル(フィリー・ソウル)と呼ばれるジャンルだそうな。
もちろんおいらは専門外ですが、皆さんソウル・トレインのテーマ知りません?TVの音楽番組のテーマだけど全米1位を獲得した名曲ですよ。この曲をアレンジしてうちのバンドで出来ないかな?などと急に思い立って、数日前に買いました。

でもなんと言っても彼女らの代表曲は天使のささやきでしょう。文句なしに素敵な曲です るんるん
posted by モンコ at 10:40| Comment(6) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ザ・ベリー・ベスト・オブ・マリリン・モンロー

marilyn_monroe_best.jpgCDレビュー 第100回目
ザ・ベリー・ベスト・オブ・マリリン・モンロー(1953〜)

な、なんと!好き放題に書き倒してきたこのCDレビューもついに100枚目達成です!実にめでたいるんるん
考えてみればこれまで採り上げてきたCDはすべておいらのコレクションからのセレクトなので、当然どれもこれも思い入れが深いわけですよ。だから100枚目記念?と言っても・・・どれを選ぶべきかすごく悩みました あせあせ(飛び散る汗)

mm02.jpgで、悩んだ挙句に選んだのがこれかよ?さんざんハードロックを熱く語っておきながらこれかよ? ( ̄∇ ̄;)
でも、おいらが熱心なマリリンファンだってことはみんな知ってるよね?最近あんまりマリリンネタは書いてないから知らない人もいるかな?命日に記事を書いてみたり、映画レビューもマリリン作品はこれまで14本も書いてるし・・・けっこうマニアです(笑)

mm01.jpgまぁ、CDの細かい内容にはあえて触れませんがファンでもない限りシンガーとしてのマリリンなんて誰も気にもしてないでしょ?
もったいない!実にもったいないぞ!この人はホント素晴らしいシンガーなんだから!これは普通にジャズアルバムとして楽しめるくらい充実した内容です。聴いて損はありませんよ。
つうかおいらはこのベストが発売になってすぐ買ったけど、amazonで調べてみたら今はUsedで8,393〜10,000円という高値が付いてます。
ふっ・・・この手の企画物は見つけたらすぐ買わねぇとダメよ ( ̄ー ̄)
posted by モンコ at 23:06| Comment(5) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

ザ・ベスト! / ジェームス・ブラウン

james_brown_best.jpgCDレビュー 第99回目
ザ・ベスト! / ジェームス・ブラウン(1956〜)

70年代のハードロックを中心に皆さんの興味など完全に無視して進めてまいりました当ブログ名物のCDレビュー。ついに第99回目まで来ました。
なのになぜここでジェームス・ブラウン?(笑)
まぁ、このお方の音楽をなんだこりゃ?と笑い飛ばすのは簡単です。実際笑えるし ( ̄ー ̄;)

JB01.jpgおいらも若い頃はろくに聴きもしないでどうでもいいアーティストだと思ってました。ところがね・・・色んな音楽を聴き込んだ後でこの人の音楽を聴いてみると、その凄さがよーーーくわかります!
50年前にすでにこんなカッコいいリズムカッコいいシャウトをかまして、メロディらしきものを感じさせないのにメロディアスで・・・つまりファンクの創成期にして完成形ですわ♪
たぶんSEX MACHINEはギャグすれすれの線でほとんどの人が知ってるだろうけど、I FEEL GOODI'M A GREEDY MANあたりの痛快なノリ、そして美しいTRY ME・・・皆さんジェームス・ブラウンを聴かないと損しますよ。
posted by モンコ at 23:39| Comment(4) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ

polnareff_best.jpgCDレビュー 第89回目
ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ(1966〜)

依然ベストアルバム特集が続いておりますが・・・
ベストアルバムだとほとんど路線も関係なく無節操に買い倒してますので、時にはこんなとんでもない音源まで登場して来ますよ ( ̄ー ̄;)
さて今回はブリティッシュハードでもなければジャーマンメタルでもなく・・・なんとフレンチポップス(笑)

polnareff.jpgある一定の世代以上なら(?)ミッシェル・ポルナレフの名前は必ず知ってるはずだし、この独特な風貌にも見覚えがあるよね?
彼は英才教育を受けパリ音楽院でも優秀な成績を収めた超エリート。ところがエルヴィス・プレスリーの影響でクラシックへの情熱はどこかへ吹き飛んだそうな。やっぱりエルヴィスって凄い (〃⌒∇⌒)ゞ
そして兵役〜放浪の旅を経て1966年にデビュー。その後は瞬く間に全世界規模の大ヒットを連発するスーパースターになりました ぴかぴか(新しい)
トゥトゥ・プマシェリー・マシェーリー♪のフレーズ(シェリーに口づけ)はみんな知ってるよね?この名曲はなんと1969年(古っ!)のヒットなのですよ。
posted by モンコ at 22:38| Comment(6) | CD : その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。